お問い合わせ(PC) | たこ焼き酒場チョイス|オフィシャルホームページ|大阪市住吉区苅田7丁目5-4 営業時間<月〜土>15:00〜24:00(L.O 23:00)<日祝>12:00〜24:00(L.O 23:00)<定休日>水曜日 TEL/FAX 06-6699-5111

2019-11-07

【弓道】【弓】弓禅 肥後蘇山カーボン弓 並寸 【弓道 カーボン弓】【黒メタリック】【10214-1】送料無料【店舗在庫商品】
※在庫にない弓力をご希望の方は、直接店舗にお問合せください。
※在庫にない場合は納期までに、約3か月程かかる場合がございます。
【素材】
カーボンシート・木材
【詳細】
弓の長さ:並寸
対応矢束:80cm〜85cm程度
装飾:三か所巻(一文字籐)
色:内側・外側 黒 側木黒
付属品:合成弦・弓袋

※※五か所巻への変更ご希望の方(追加1,500円)
※製品の特性上、不良品以外での返品交換はしておりません。
※弓力について、計測器にて、85cm引いた状態での弓力となります。

弓道 矢
弓道 矢
肥後蘇山のDNAを受け継ぎさらに安定性を求めて進化した 肥後蘇山“真”
 従来の肥後蘇山の長所である引き分けの滑らかさ、離れ時の低振動性、矢飛びの良さを受け継ぎながら、弓としての安定性を強化するために十数項目にわたり改良をしました。
一歩でも竹弓に近づくために!
 蘇山独自の多重積層方式・マイクロ重平打方式は、竹弓から学んだ製作手法、剛と柔のバランスのとれた組み合わせは竹弓と同じです。肥後蘇山がその芯材にこだわり、適度の裏反りをもち、入木に製作してあることはこの製作思想にほかなりません。
肥後蘇山は“しなり”を大切にします
 グラス・カ−ボン弓いずれの場合も約87%は木質部です。(他社製品も同様)だからこそ肥後蘇山はこの木質部に特に重きをおいております。
 柾目平板を4枚、裏反りをつけながら張合せます。構造としては大変簡単なようですが“しなり”を求められる日本弓としては理想の構造であると考えます。このしなりがグラスおよびカ−ボンの弾性と調和しながらスム−スな矢送り、矢飛びを実現するわけです。
肥後蘇山は適度の裏反りを大切にします
 裏反りをつけることで外側の木質部は縮み、逆に内側の木質部は伸びた状態になります。これが弦をかけて引くことで逆の状態になり、裏反りのあることでより大きな“しなり”となり反発力を生むわけで、竹弓の外竹と内竹の関係、裏反りをつけて作るのに同じです。
張顔
 上から下まで五カ所の成り場で曲線構成されています。肥後蘇山はどこにもむらのない調和の取れた姿(張顔)をしております。10cm弦を引っ張れば、10cmの弓力を弓全体で受け、20cm弦を引っ張れば、20cmの弓力を弓全体で受けことを理想としております。
入木こそ本物の和弓
 握り部分で弦は弓の右側を通る(入木)ように製作しており入木強く製作致します。 なぜなら竹弓の場合中ヒゴの皮と肉の置き方で調整することできますが、平板積層構造の場合この調整は無理で、入木に削り込むことで調整しております。約87%は木質部のためグラス・カ−ボン弓といえども一張一張弓の姿は異なります。よって理想の弦道にするために大変手間のいる方法ですが、私どもは一張一張弦をかけた状態で入木に削ります。(張村) センタ−ショットは的中のための必要条件で、肥後蘇山は入木に削り込むことでセンタ−ショットを実現しており、必要以上のひねり込みは不要です。弦が弓の真中を通っている場合、矢をつがえるとその矢先は外を向いてしまいます。このような場合外を向いた矢先を的方向に向けるためには、強く弓をひねり込む必要があります。
suizan雅がおすすめする理由
 肥後蘇山の特徴でもある弓の“柔らかさ”“しなり”“入木”こそ、弓道家の方にとって、もっとも大切なことです。無駄な力を入れなければ弓自身、矢を真っ直ぐに飛ばす高い能力を持っていますので、初心者の方から中級者の方に向けて、又 女性の方に向けて相性の良い弓という認識で選ばれてみてはいかがですか。
製品名 弓禅 肥後蘇山 並寸 黒メタリック
型 番 10214-1
【弓具】弓道 弓 弓道用 カーボン弓 並寸 店舗在庫 送料無料